• 住宅の本格的なゼロ・エネルギー化への取り組みが日本で始まっております。先進のテクノロジーと最新のノウハウに加え、ハナハウスでは元々の強みである自然素材を組み合わせた「ZEH×自然素材」があります。ZEHに必要な太陽光発電システムやエネファームなどのような、エネルギーを創る設備・性能に加え、自然素材をプラスした体に優しい、最高性能のお家をご提案させていただきます。

  • ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の頭文字をとった略称で、エネルギー消費量がゼロの住宅のことをいいます。省エネをしっかり行うことでエネルギー消費量をできるだけ少なくした上で、それでも必要となるエネルギー消費量と同じ量のエネルギーを自ら生み出すことができる住宅を、ZEHと呼ぶわけです。 つまり、ZEHには、太陽光発電システムやエネファームなどのような、エネルギーを創る設備が必ずついているということになります。

  • ZEH仕様の住まいにするためには、断熱・省エネ・創エネの3つの基準を満たす必要があり、さまざまな仕様・アイテムを変更するのではコストがかさんでしまいます。 そのため、いわゆる性能に特化したお家をつくるとどうしてもデザイン性やお施主様のこだわりを捨てざるをえない状況が続いてきましたが、ハナハウスでは十津川村からの直送無垢材、堺のステンレス工場からの直送、 そして、関連企業様による努力によってコストを大幅にダウン。ハナハウスの持ち味である、予算に合わせた注文住宅の作成をZEH仕様にまで昇華させました。 

  • 1つ目は、家計にやさしいところです。例えば、大阪府内で立てた延床30坪のモデル住宅でシミュレーションした場合、一般的な住宅(断熱等級4相当)と比較して年間28万円の光熱費がお徳になりました。一般的な住宅からZEHへのグレードアップが300万円とすると、11年でその費用を回収でき、それ以降は光熱費が実質無料ということになります。つまり、ZEHには、太陽光発電システムやエネファームなどのような、エネルギーを創る

    実際にダブル発電を導入して、売電をしている「灯りをもてなす粋な家」のお施主様のお話。太陽光発電は屋根の向き、面積によっても大きく変わるため、導入すればよいというものではありません。ハナハウスでは設計段階から細かく、調整させていただきます。テストテスト高さは900pxで固定値。高さは900pxで固定値。高さは900pxで固定値。高さは900pxで固定値。

  • 2つ目は、快適さです。高い断熱性により、冬は暖かく、夏は涼しく、そのエネルギーの大半を「創エネ」として自分のお家でつくる。これにより、より快適な暮らしが実現します。

    実際にダブル発電を導入して、売電をしている「灯りをもてなす粋な家」のお施主様のお話。太陽光発電は屋根の向き、面積によっても大きく変わるため、導入すればよいというものではありません。ハナハウスでは設計段階から細かく、調整させていただきます。テストテスト

  • 国による、ZEHの審査を通過すると、補助金として75万円が国から支給されます。補助金を獲得するためには、ZEHとしてエネルギー収支が0であることを証明しなければなりませんが、そのお手伝いはハナハウスがさせていただきます。つまり、ZEHには、太陽光発電システムやエネファームなどのような、エネルギーを創る設備が必ずついているということになります。

    国による、ZEHの審査を通過すると、補助金として75万円が国から支給されます。補助金を獲得するためには、ZEHとしてエネルギー収支が0であることを証明しなければなりませんが、そのお手伝いはハナハウスがさせていただきます。つまり、ZEHには、太陽光発電システムやエネファームなどのような、エネルギーを創る設備が必ずついているということになります。

  • BELS(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)という、いわゆる「建物の燃費を評価する制度」があり、ZEHは最高ランクの「★★★★★」評価です。住宅につけられた評価は、評価境界のデータベースに蓄積され、ホームページから閲覧できます。つまり、お家の価値が高まることにつながります。