灯りがもてなす粋な家 施工写真

  • Top
  • Photo
  • 灯りがもてなす粋な家
施工写真1枚目 灯りがもてなす粋な家
施工写真2枚目 灯りがもてなす粋な家
施工写真3枚目 灯りがもてなす粋な家
施工写真4枚目 灯りがもてなす粋な家
  • #障子
    #欄間
    #格子
    #吹抜け
    #間接照明
  • いたるところに職人の手仕事が光る、F様邸。無垢の杉を惜しみなく使い、オールオリジナルステンレスキッチンや、ハナハウス初の暖炉など、ハナハウスとF様がとことんこだわって作り上げました。そのこだわりは細部にまで至り、組み木細工や障子張り、そして選び抜いた照明によって、訪れた人をもてなすような家に仕上がりました。外構もひとつひとつ丁寧につくりあげ、坪庭や、本物の石をそのまま階段にしたアプローチも必見です。

  • #043
  • JAPANESE STYLE
  • 灯りがもてなす粋な家
  • 灯りがもてなす粋な家
  • こだわりポイント...
  • Point
  • 純粋な和
  • 無垢の杉を惜しみなく使い、純粋に和を目指したお家。格子、障子、欄間、造作、棚、あらゆるところに 職人技が光る。

  • 灯りがもてなす粋な家
  • 梁に間接照明を仕込み、空間の雰囲気を壊さずに明るさを確保する。

  • 灯りがもてなす粋な家
  • 実用性のある暖炉前はワンちゃんのお気に入りポジション

  • 灯りがもてなす粋な家
  • こだわりポイント...
  • Point
  • 暖炉、キッチン
  • 暖炉は装飾目的もありますが、実際に飲食にも使用されます。 お施主さんのFさんに振舞っていただいたピザは絶品でした。

  • 灯りがもてなす粋な家
  • オールステンレスのキッチンを採用

  • 灯りがもてなす粋な家
  • 太陽光+ダブル発電。スマートハウスとしての機能を持つ。

  • 灯りがもてなす粋な家
注文住宅 ハナハウス 実例写真
  • 灯りがもてなす粋な家
  • お施主さんの声...
  • Interview
  • 最初が印象的でした
  • ピンポーン

    ハナ
    こんばんは。ハナハウスです!薪ストーブで使う木を持ってまいりました。

    ご主人
    こんばんは。お待ちしておりました。助かります。

    ハナ
    いえ、捨てるものを使っていただいたほうが嬉しいので!

    ご主人
    ありがとうございます。では、どうぞお入りください。

    ハナ
    まずお聞かせください。ハナハウスをどこから知ってくださったんですか?

    ご主人
    家を建てようと思ってから住宅展示場をたくさんまわりました。もちろん、雑誌も買って読んだりしました。それで、ハナハウスさんを知ったのは、ホームページの検索で「自然素材の家」とかそういったワードでヒットしたんだと思います。そういう感じの会社さんを何社か見ていたんですよ。初めてハナハウスさんにお伺いしたときは、たまたま『森のリゾート』の見学会を開催されていた日でした。まず、事務所に訪問したときにKマネージャーのトークにやられて(笑)。最後に「良かったら見に行きませんか?」と誘っていただいたので、その足で見学会に向かったんです。見せてもらった家も素晴らしかったんですけど、そこでスタッフさんと直接色々お話をお伺いできて、フィーリングが合うな。自分らがイメージしているものを建ててくれそうやな~っていうのがあって、そこからスタートしたんです。

    ハナ
    見学した家もあると思うんですけど、スタッフの存在も大きかったということですか?

    ご主人
    そうですね。それが一番大きかったです。もちろん、ハナハウスさんが良かったんですが、最後の決め手は担当の方でした。

    ハナ
    家づくりをして担当の印象はどうでしたか?

    奥さん
    プランをするための最初の打ち合わせで、最初に「玄関に手洗い場とかいりますか?」って言われたことが印象的でした。今まで行ってみた工務店さんやメーカーさんではそんなことを聞かれたことが無かったんですよ。どこも、当たり障りのない言葉ばかりで、最終的には「ご予算は?」みたいな感じでした。それが普通なんだと思っていたのですごいインパクトがありました。確かに玄関に手洗い場があったら、子供が帰ってきたら手を洗えるし、犬の散歩から帰ってきら脚とかも拭いてあげられる。そういう目線がすごいなって感じました。

    ハナ
    ハナハウスは金額的に無理のない家づくりをしていただくために、まず資金計画を立てるんですよね。でも、予算がないからと言って、プランを小さくしたり、品質のレベルを落とすことは考えないんです。とにかく、限られた予算でもできる限りのことをチャレンジしようと考えますから。

    奥さん
    ハナハウスさんの考え方っていうか、方向性が素晴らしいですね。

    ハナ
    私たちは、お客さんに「家づくりを楽しんでもらいたい!」って考えるんです。だから、家づくりに全力で頑張れるんですよね。予算が一番大事ですが、注文住宅なのでとにかくお客さんにとってのベストプランをつくって、それを予算内につくるにはどうしようかって考えます。プランのベースをつくったうえで、そこから予算内に収めるために、どことどこの素材を変えたり、間取りを調整したり、そのお客さんの家に合う素材を他から探してきたりという作業をして予算内に収まるようにしているんです。 コストを下げるために、家を小さくする。安い素材を使うというのは簡単ですけど、この方が絶対満足してもらえる家がつくれると、信じています。

  • 灯りがもてなす粋な家
  • ご主人
    基本的には僕らがもとめていたのは感性とセンスだったから、ほんとに良かったです。

    奥さん
    だから家づくりを家具とセットでやってほしいよね!

    ハナ
    そこまで信頼されるとめっちゃプレッシャーですね(笑)Kマネージャーの印象はどうでしたか?

    ご主人
    衝撃的やったなあ。

    奥さん
    かなり印象は強かったですね。1言ったら10返ってくるね(笑)。すごく答えてくれはる。楽しかったですよ。

    ご主人
    Kさんをあんま現場では見なかったかなぁ。

    奥さん
    そう?家を壊したときに、庭にまいていた砂利を再利用しようと思って拾ったら、土嚢袋が塀に沿って3段くらいになってしまって。その砂利の入った土嚢袋を運んでくれはったときが印象的やったけど。

    ハナ
    両手に土嚢袋を持って、ぬかるみにはまってヤジロベーみたいになってたときですね?ひとりでめっちゃ笑いながら土嚢を運んでましたね。社長の印象はどうでした?

    奥さん
    なんか、さわやかに「こんにちは~!」って挨拶してくれる感じ。

    ご主人
    社長はすごくナチュラルでしたね。「社長の人柄が良いな」と思いましたけどね。その頃はずっとPTA会長の話ばっかりされてました(笑)。

  • 灯りがもてなす粋な家
  • ハナ
    先ほど「自然素材」というキーワードが出ていたと思うんですけど、それ以外で何かあったのでしょうか?例えば今、薪ストーブが入っていますけど、「暖炉は絶対につけたい」というような。

    ご主人
    暖炉ははじめ全然頭になかったんですけど、途中から沸いて出てきました。基本的には「和」で行くという話はしていましたけど、「自然素材」って言うだけで、担当の方に漠然と話をした気がします。

    奥さん
    うん。和風テイストの高槻のお家『無垢の杉と暮らす、高槻の家』を見せてもらったんですよ。それを見てさらに和風の方に気持ちが固まっていきましたね。

    ハナ
    ハナハウスがリードしながら進めていったんですね。

    ご主人
    そうですそうです(笑)。イメージを具体的な形にしていってくれはって、で一発目のプランをあげてもらいました。それを見て、「うわ、なんじゃこのプランは」って僕らが食いついて。そこからプランをブラッシュアップしていってもらって模型つくってもらいました。そして、これをベースにしたプランでいきましょうってなって。

    ハナ
    プランは早い段階から決まってたんですか?

    ご主人
    そうですね。アウトラインは。

    奥さん
    うほぼ一発で決まったと思います。

    ご主人
    でもプランを出すまでは結構悩んではったと思うんですけど。

    ハナ
    担当の建築女子はめっちゃ悩んでましたね(笑)。

  • 灯りがもてなす粋な家
注文住宅 ハナハウス 実例写真
  • 灯りがもてなす粋な家 LDK写真

    LDK

  • 灯りがもてなす粋な家 キッチン写真

    LDK

  • 灯りがもてなす粋な家 外観 外構

    廃材

  • 古材 洗面

    和室

  • 灯りがもてなす粋な家 外観 外構

    吹抜け(昼)

このお家の関連情報