072-246-3066
品質の高い家

ハナハウスの家づくりでは、まず品質と性能があり、それを踏まえた上でのデザインだと考えています。性能の高い家をつくるために必要なのは、単純にいい材料使うことです。しかし、いい材料を使っても正しく施工しなければその性能を引き出せません。つまり、品質管理が何よりも大切なのです。ここでは、ハナハウスの品質部門のトップである小野にハナハウスが考える品質と品質管理について話してもらいます。

ひと手間を惜しまないこと

みなさんこんにちは。僕はハナハウスの品質部門のトップを任されている小野と申します。家の写真からもお分かりいただけますように、ハナハウスは自由な発想でいろんなデザインの家をつくっている会社です。でも、僕たちが誇りに思っているのは、自分たちがいろんなデザインの家をつくっている集団であることではなく、あくまでも実際に家をつくっている「建築屋」であることです。僕自身、大学を卒業してから20年近く建築業界で仕事をしてきましたが、改めて思うのは、家づくりには「品質への想い」とそれを叶えられる「環境」が大事だということです。
これまでの会社で僕が経験してきた品質管理というのは、状況に応じて適切に判断するというより、とにかく「マニュアル通りに…」といった、どこか会社本位のものでした。当然、マニュアルに従うのは大切なことですが、実際の家づくりではそれだけでは収まらないことがあります。いろんな状況がある中で、何がベストなのか、どんな手順を踏むべきなのかということを建築屋として、誰のための品質なのかということを常に意識し、バランス感覚を持って判断することが大切になります。

打ち合わせ
現場チェック 上棟
現場荷運び

僕が実感しているハナハウスの魅力の一つは、品質のいい家をつくるために、スタッフと職人さんが現場で知恵を出し合い、細部にまでこだわる「想い」を持っていることです。一般的に職人さんは、その手間に対して対価(収入)を得ているので、時間=お金ということになります。そのため、効率よく仕事を進めて次の現場に向かうことが優先されるのですが、ハナハウスの職人さんは納得できるものを提供するために、一手間をかけることを惜しまないのです。ハナハウスのもう一つの魅力は、理想を求められる「環境」があることです。理想を追求するとコストと時間が弊害になります。普通なら価格やその実現に至るまでの時間のことを考えて取り組まないことも、ハナハウスではスタッフ全員が理想に近づけられるようにその労力を惜しまないのです。
品質のトップを任されている立場の人間として、スタッフ・職人さんと共に品質を追求できるハナハウスで仕事をすることはとても充実しています。これからも建築屋として品質の高い家をつくるための努力をし続けていきたいと思っています。

ハナハウス男子
枚方市 アーバンモダン
堺市 新築