072-246-3066

大阪・堺の注文住宅を建てるならハナハウス

自由で楽しい家づくり

せっかく家を建てるなら、「家づくりそのものを一緒に楽しみませんか」というのがハナハウスのスタイルです。カタログから選ぶだけの規格住宅と違い、自由そのものの家づくり。手間はかかっても、想いが詰まった家で暮らしてもらえれば、絶対に満足感が違います。そんな楽しい家づくりの中心を担う建築女子たちの言葉を通してハナハウスの想いをお話しいたします。

ハナハウスの家づくり

ベストプライスでつくる

理想の家を予算の範囲内で建てること。それがすべての方が希望されることだと思います。ハナハウスはいわゆるローコスト住宅とは全く違う、品質・性能・デザイン・素材、そのすべてにこだわった本物の注文住宅をベストプライスでつくる建築屋です。なぜ、ハナハウスがベストプライスの家づくりにこだわるのか。資金計画の大切さとあわせてお話しさせていただきます。

ハナハウスのプライス

品質の高い家

家の完成写真などから、ハナハウスはよく、おしゃれで素敵な家をつくるデザインが特徴の会社と思われます。でも、実際のハナハウスは現場にこだわり、泥臭く汗をかきながら家づくりを行う建築屋です。家はやっぱり、安心して快適に長く暮せることが一番。品質と性能の高い家をつくることに強い想いを持つハナハウス。その想いについてお話しさせていただきます。

ハナハウスの品質

ハナハウスについて

ハナハウスは、お客さんと打ち合わせを重ね、手間を惜しまずに家をつくりあげる建築屋です。完成するのは、お客さんの想いを叶えた個性あふれる家。そして、ハナハウスという会社もそんな家に負けず劣らず個性的。地震につよい家をつくること。アフターメンテナンスについて。そして、自然素材を使って取り組むベストプライスの家づくりについてお話しいたします。

ハナハウスについて
ハナハウス コンテンポラリーヴィンテージ 羽曳野市

#54 マーガレット・ハウエルの家のような、外国の昔の家を目指した
【コンテンポラリーヴィンテージ】 大阪府羽曳野市 Hさん

数ある工務店の中でハナハウスにきめていただいたのはなんでしょう?

(奥さん)見学会で参加した『ヴィンテージモダン』のお施主さんもこだわりがすごかったので、話がとても楽しかったんです。夫婦で「こんな家に住みたい!」って後にも先にも出会うことがなかったくらい感動を覚えたお家でした。 (ご主人)見学会の度に「ハナハウスのつくる家っていいよね」ってなっていったので、ハナハウスに決めるのは早かったですね。

ハナハウスの家は快適ですか?

(ご主人)生活にこたつが要らなくなりました。使わずに暮らすことが不安で最後まで悩んでいたのですが、おかげでこたつにこもる必要がなくなりましたね。 (奥さん)もう年中快適ですよ。以前は季節ごとに暑い、寒いがあったんですが、それほど感じなくなりました。

ハナハウスの家づくりはどうでしたか?

(奥さん)すごく、一緒につくりあげてもらったと思っています。私にいろんな想いや、やりたいことがあったので、それをまとめるのがすごく大変だったと思うんです。でも、それを全て受け止めてもらっていました。 私の想いのままで間違いないところは進めさせてもらって、これは違うかなぁというところは、はっきりと言ってもらいました。

ハナハウスの魅力はなんですか?

(ご主人)いろんな工務店を見て思うんですが、どこもある程度のパターンが決まっているんです。でも、ハナハウスにはそれがないんですよね。お施主さんや担当者によって全部違うんですよ。だから幅が広いんですよね。かなり柔軟で、お客さんの想いをとことん叶えてくれるというのはすごく感じました。魅力は一言では表せないくらいあります。


もっと読まれる場合は、PCサイト をご覧くださいませ。

森のリゾート

#24 ナチュラルテイストを基本に、ラフな格好良さを目指した森のリゾート。
大阪府堺市 Wさん

ハナハウスの第一印象はどうでしたか?

(奥さん)他のところではお金の話をまず一番にされて。年収を聞かれたりしました。それで家のデザインのことは、モデルハウスに行って、そこでさらっと「まあ、こんなんですよ」って案内されて。「で、いくらくらいまでローン組めますか?」って感じでした。頭金がどうのこうのとか。 見たモデルハウスは綺麗ですし、悪いわけじゃないのでしょうけど、なんかほんまにこれでいいのかな?と思いました。 他のところに行った帰りは、「いくらいるよなあ…。」って思いながら帰っていましたが、ハナハウスに行った帰りははじめて楽しい気分で帰ることができたんです。

ハナハウスの家づくりは楽しかったですか?

(ご主人・奥さん)楽しかったです! (ご主人)奥さんは結構追求していたとこもあるから、しんどいところもあったかもしれないですね。 (奥さん)しんどくはなかったけど。他の会社やったら、聞いてもらえないかなってところまでこだわってくれたので。だから、楽しかったですよ。

ハナハウスの家の価格はどうでしたか?

(ご主人)そりゃもう、相当お安くしていただいたと思います。僕ら、値段においては何もないです(笑) (奥さん)なんでしょうね、もう、予算の組み方の根本的なところからよそとは違うと思いますから。この金額で、って言ったら、その中でMAXの努力をしてくれはる。けど、他の一般的なところやったら、あれやりたかったらプラス何万、とか。これに変更したかったらプラス何万、とか。だから、高い安いという議論はもう自分で予算決める中で優先順位決めればいい事だと思います。

家の評判はどんな感じですか?

(奥さん)もう入った瞬間から結構きゃーきゃー言われますね (ご主人)もうこの家このまま欲しい、って言ってもらえたりします。 あとデザインにそんなクセもないから、わりと万人受けするのかもしれないですね。 良くも悪くも、アメリカンジャンクスタイルのTさんでしたり、ミッドセンチュリーモダンのHさんほどの個性は全面には打ち出してないから。もちろん、両方とも素晴らしい家ですけども。この家は家事動線とか収納とかをよくよく見たら結構考えているっていう。そんな感じです。

ipad,PCからですと、インタビューの一部始終をご覧いただけます。 もっと読まれる場合は、PCサイト をご覧くださいませ。